日本の片隅でtumblr

小渕優子の資金管理は叩いても菅直人の違法献金はスルー 、

松島の団扇は叩くが蓮舫のTシャツは無視、

猪瀬の5千万は叩いても舛添の2億5千万は無視、

塩村文夏へのヤジは叩いても山谷大臣へのヤジは叩かない。”


これがマスコミの実態ですね。
awarenessxx:

安倍首相の売国奴潰しが巧妙だ(反日勢力が、涙目ファビョーン)
【News US 中国 韓国 在日崩壊ニュース / 2014.10.19】
◇
まったく面白いのは最初に、
マスゴミ(支那、朝鮮の奴隷)が、
小ネタを必死にアオって攻撃してたのは、 
▼
稲田、山谷、高市、有村と、
親安倍派の女性閣僚だったが、 
じつは思いっきりコケたのが→親中国派で、
①元TBSの、小渕優子と、 
②元朝日新聞の、松島みどり」だったというw
▼
何でも女性登用すればいいってもんじゃない」という意味にもなるし、 
親中国の、小渕と、経産大臣に送り込んだ
そのバック(支那・しな)が追い落とされたという事だ。
これは、安倍ちゃんGJだ!
◇
安倍首相、小渕経産相の辞任了承へ【2014年10月19日】
◇
506 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/10/19(日)
自民党の「親中国派5大重鎮 
▼
①高村、②二階、③谷垣、④野田聖子、⑤小渕優子
◇
清和会が、どうたらって言ってる陰謀論者は→中国の工作員(コミンテルン)です。
▼
経世会と清和会
田中角栄(清和会の福田赳夫の政敵) 
大平正芳(清和会の福田赳夫の政敵) 
竹下登(経世会、リクルート事件) 
金丸信(経世会、脱税・佐川献金事件で失脚) 
小渕恵三(経世会) 
鈴木宗男(経世会) 
橋本龍太郎(経世会) 
小沢一郎(経世会) 
松岡利勝・農水大臣(清和会の小泉元首相の政敵) 
中川昭一元財務大臣(反米) 
小渕優子(経世会) ←New
*
清和会には失脚者なし。
◇
332 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/10/19(日)
ついでに、
石破と、松島も辞めろ!
外国人から献金を受け取ってた売国奴と、
団扇で買収しようとしてた馬鹿は、
国務大臣に相応しくない。
◇
621 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/10/19(日)
親中派の突き上げで「必要もないのに内閣改造をやった」やらざる負えなかった。
これで、
さすがに「安倍政権は終わったと思ったら→「親中派の首を差し出した」
安倍政権はすげえよ。
▼
だって、前内閣は、
適材適所だったかどうかは別としても、
一年以上スキャンダル無しだよ。
そんな内部調査が巧みなのに、
たった一ヶ月で、
▼
小渕や、松島みたいなのが出てくる?
確信犯だろ!!安倍政権の。
凄いわ!!
◇
首相、小渕経産相の辞任了承へ ★2
◇
首相、小渕経産相の辞任了承へ

awarenessxx:

安倍首相の売国奴潰しが巧妙だ(反日勢力が、涙目ファビョーン)

【News US 中国 韓国 在日崩壊ニュース / 2014.10.19】

まったく面白いのは最初に、

マスゴミ(支那、朝鮮の奴隷)が、

小ネタを必死にアオって攻撃してたのは、 

稲田、山谷、高市、有村と、

親安倍派の女性閣僚だったが、 

じつは思いっきりコケたのが→親中国派で、

①元TBSの、小渕優子と、 

②元朝日新聞の、松島みどり」だったというw

何でも女性登用すればいいってもんじゃない」という意味にもなるし、 

親中国の、小渕と、経産大臣に送り込んだ

そのバック(支那・しな)が追い落とされたという事だ。

これは、安倍ちゃんGJだ!

安倍首相、小渕経産相の辞任了承へ【2014年10月19日】

506 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/10/19(日)

自民党の「親中国派5大重鎮 

①高村、②二階、③谷垣、④野田聖子、⑤小渕優子

清和会が、どうたらって言ってる陰謀論者は→中国の工作員(コミンテルン)です。

経世会と清和会

田中角栄(清和会の福田赳夫の政敵) 

大平正芳(清和会の福田赳夫の政敵) 

竹下登(経世会、リクルート事件) 

金丸信(経世会、脱税・佐川献金事件で失脚) 

小渕恵三(経世会) 

鈴木宗男(経世会) 

橋本龍太郎(経世会) 

小沢一郎(経世会) 

松岡利勝・農水大臣(清和会の小泉元首相の政敵) 

中川昭一元財務大臣(反米) 

小渕優子(経世会) ←New

*

清和会には失脚者なし。

332 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/10/19(日)

ついでに、

石破と、松島も辞めろ!

外国人から献金を受け取ってた売国奴と、

団扇で買収しようとしてた馬鹿は、

国務大臣に相応しくない。

621 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/10/19(日)

親中派の突き上げで「必要もないのに内閣改造をやった」やらざる負えなかった。

これで、

さすがに「安倍政権は終わったと思ったら→「親中派の首を差し出した」

安倍政権はすげえよ。

だって、前内閣は、

適材適所だったかどうかは別としても、

一年以上スキャンダル無しだよ。

そんな内部調査が巧みなのに、

たった一ヶ月で、

小渕や、松島みたいなのが出てくる?

確信犯だろ!!安倍政権の。

凄いわ!!

首相、小渕経産相の辞任了承へ ★2

首相、小渕経産相の辞任了承へ

(highlandvalleyから)

Source: news-us.jp
自分は人に投資を薦めたくない
なぜなら、嘘と欺瞞に満ちており、ルールが機能してない世界だから。

アルゴリズムに勝てるほどの速度で
市場の需給の偏りを見抜き、的確に資金を動かせるならやっても良いだろうけど

そんな事出来る人間いないのだから
公的な力に駆逐されたい人だけが参加する、割に合わないギャンブルだとしか思ってない
sayusayukawaii:

101:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/06/16(木) 21:38:49.96 ID:0Lv64z9D0 こういう丸っこい顔の外人ってどこに多い?     135:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/06/16(木) 21:44:36.19 ID:EBUteahB0 »101  スラブ系の若いのはだいたいこんな感じ  ババァになったら太るでーーー   155:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/06/16(木) 21:47:51.91 ID:0Lv64z9D0 »135  ありがとう  丸っこい外人はスラブ系っていうんだっけな   168:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/06/16(木) 21:49:56.10 ID:EBUteahB0 »155  ゲルマン→骨っぽい ドイツ イギリス 北欧  ラテン→顔が長い イタリア フランス ルーマニア スペインポルトガル  スラブ→かわいい ロシア 東欧  ざっくり言うとこんな感じ 
【画像】ロシアが熱いとこうなるらしい 天国でワロタwwwwwwwwww : 【2ch】コピペ情報局

sayusayukawaii:

101名無しさん@涙目です。(兵庫県)2011/06/16(木) 21:38:49.96 ID:0Lv64z9D0
こういう丸っこい顔の外人ってどこに多い?
 


135名無しさん@涙目です。(東京都)2011/06/16(木) 21:44:36.19 ID:EBUteahB0
»101
スラブ系の若いのはだいたいこんな感じ
ババァになったら太るでーーー


155名無しさん@涙目です。(兵庫県)2011/06/16(木) 21:47:51.91 ID:0Lv64z9D0
»135
ありがとう
丸っこい外人はスラブ系っていうんだっけな


168名無しさん@涙目です。(東京都)2011/06/16(木) 21:49:56.10 ID:EBUteahB0

»155
ゲルマン→骨っぽい ドイツ イギリス 北欧
ラテン→顔が長い イタリア フランス ルーマニア スペインポルトガル
スラブ→かわいい ロシア 東欧

ざっくり言うとこんな感じ

【画像】ロシアが熱いとこうなるらしい 天国でワロタwwwwwwwwww : 【2ch】コピペ情報局

(dotthxから)

「産経新聞記者の起訴」は、
要は(北朝鮮と同じ)「人質外交」。


「条件付」首脳会談
をするためのね。


だからこそ、わざわざ事件が発覚した直後に、
「『内政干渉』になるから、日本政府としては対応しない。」
と、言明している。
(その意を汲んで、ジャーナリストの国際組織と
アメリカ等が支持している。)
韓国は、「困ったこと」になっているだろう。


103 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/10/20(月) 02:55:02.25 ID:lR71LYT5.net
»99 
起訴は財務大臣の会談決まって
ちょっとたってからだもんね。
日本がスワップ土産にするとか
そういうのがなかった
んじゃないのかな?
今後は「韓国から頼んだ」ってのは
日本は先にバラす方針だろうし
そうなれば国内から潰されるしね。
米国ももうスワップは結ばないしw

「日本がスワップ土産にするとかなかった」
「財務大臣の会談決まってちょっとたってから起訴」
「『条件付』首脳会談」
「人質外交」

・・・

102 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/10/20(月) 02:53:34.49 ID:XLG9XTAW.net
当たり前だが、だんだん
海外の論調を隠し切れなくなって来たようだな。
起訴なんてした段階で韓国政府と
司法の負けは確定してんだけどな。
今後どう国内報道していくつもりなのか、見物ではあるがw
韓国としては産経が謝罪して二国間問題に
矮小化させたいだろうが、ここに至っては無理w


104 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/10/20(月) 02:56:33.13 ID:lR71LYT5.net
»102 
セウォル号の時も情報統制してたとしか思えない。
日本の援助要請を真っ先に断った事が、
遺族に噂としてしか伝わってなかったし。


107 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/10/20(月) 02:59:32.14 ID:XLG9XTAW.net
»104 
情報統制したってこの情報化社会では直ぐに情報が拡散する。
中国だって無理。


114 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/10/20(月) 03:15:39.60 ID:lR71LYT5.net
»107 
日本の報道なら翻訳サイト使えば確認出来てしまう訳で、
そこでもなんかフィルターみたいのでもあるのだろうかとね。


116 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/10/20(月) 03:20:17.79 ID:pn19PEF2.net
しかしw マスゾエが静かだなマスゾエがw


275 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/10/20(月) 09:04:47.43 ID:zpbxBJn6.net
日本では全く知られてないようだけど、
朴正煕の海外での評価は『最悪の独裁者』。


若いころの金大中が殺されなかったのは、
この『独裁者朴正煕』を嫌った米国議会が
テョン国に圧力をかけまくったお陰。


この海外での悪評が、まわりまわって、
事実上の亡命先米国から日本に来た
金大中の拉致事件につながるわけ。


欧米では「漢江の奇跡?なにそれ」で、
「朴正煕の娘」といえば
『最悪の独裁者の娘』としか認識されない。


つまり『あの朴正煕の娘がまたやらかした』さ。

(そもそも空白の7時間は不倫ではなかった説)

283 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/10/20(月) 11:14:45.23 ID:HIyByVvx.net
セウォル号は
実質KCIAが管理しており、
核廃棄物を済州島に
運び込んで兵器開発するための
偽装旅客船


これが沈没したものだから、
対策のためにパククネは
行方不明状態になった


145 :(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/10/20(月) 03:40:56.00 ID:pn19PEF2.net
あのメンヘラ婆さん的にはな、
「喫水の韓国人300体」騒動の大失態に対する非難を
その後のオバマ訪韓、法皇訪韓、仁川大会で
鎮静化~希釈化できると
無根拠に思い込んでたわけよw
ところがその手のイベント全部使いきっても
鎮静化どころか改めて「空白の7時間」が問題つか
「疑惑の7時間」として極大化してきたから
慌てて海外メディアの拘束という
考えられる限り、最悪の選択をしでかしたわけw 
あの馬鹿が嵌ったドツボの深さが少しは理解できたか?
で、馬鹿韓国人、
あの無能は勤務時間中の7時間、
連絡不能状態で一体何やってたんだ?

日亜化学工業社長の小川英治氏
訴訟騒動の真実を今こそ明らかにする

 これまで誰に何を言われても黙ってきました。日亜化学工業は,ものづくりの会社。クライアントにより良い製品を届けることが仕事であり,それを一途に貫いていくことこそ,当社にとって重要なことだと信じていたからです。

 そのため,中村修二氏とその弁護士の方(訴訟代理人弁護士の升永英俊氏)が,各メディアや本などで一方的に自分たちに都合の良い発言をしても,それに対して会社として何か言い返すというようなことはしませんでした。そうした言い合いなど,ものづくりの会社にとっては何の意味もありません。それより,少しでも良い製品を作ってクライアントにきちんと届けることを貫けば,きっと私たちのことを認めてもらえる。それで十分だと思ってきたのです。

 日亜化学工業は徳島という地方にある企業で,広報体制も整っていませんでしたし,マスコミへの接し方がよく分からなかったということも事実としてありました。

 当社は全くうそなどついていませんから,黙っていても,専門家の方なら真実を分かってもらえると信じていました。裁判官の方なら正しい判決をしてくれると思っていたのです。ところが,意に反して「200億円」という巨額の対価の支払いを東京地裁から命じられて驚きました。

 そこでやっと悟ったのです。黙っていては本当のことは世間には伝わらないということに。そこで,当社のものづくりに対するまじめな姿勢をきっと理解してくれるであろう「日経ものづくり」に対して,まずは話をしようと思ったのです。

アニールが鍵

 まず主張したいのは,青色LEDの開発の経緯です。日亜化学工業では,1989年から青色LEDの開発をスタートさせました。そのとき先行していた,当時名古屋大学教授だった赤崎勇氏などの論文を検証する実験から始めました。サファイアの下地の上にGaN(窒化ガリウム)の良質な単結晶膜を世界で初めて作ったのが赤崎氏。これが高輝度青色LEDを作る際の基本的な結晶膜になるのです。ここに応用化技術を加えて,青色LEDの量産にこぎ着けることが,当社にとっての目標でした。

 つまり当社は,先行する「公知の技術」を学習して,これを基点に開発をスタートさせることにしました。既に存在する技術とはいえ,日亜化学工業にはそのリソースがなかったからです。そこに着手したのが中村氏でした。赤崎氏の成膜の方法は開示されていませんでしたが,結果として中村氏が2年ぐらいで赤崎氏が完成させた結晶膜のレベルに追い付いたのです。

 そのために中村氏が開発したのが,「ツーフローMOCVD(有機金属を使う化学的気相成長法)」を使ったGaNの成膜装置でした。要は,当社の社員だった中村氏が1990年に出願した特許第2628404号(404特許)の装置です。これにより,赤崎氏と同水準のGaNの良質な結晶膜を作製することができました。

 これをもって中村氏は「同装置がなければ(404特許を使わなければ),低コストかつ高輝度な青色LEDが作れない」と主張するのですが,それは大きな間違いです。

 当社から言わせれば,中村氏は実用化に向かう研究のための下地を作っただけ。既に世の中に存在していた,赤崎氏が生み出したものと同じ水準の試料を,違う方法で作ることができただけなのです。

 量産までこぎ着けるには,この試料を基にさまざまな応用技術を投入することが必要でした。中でも,量産化に一番貢献した技術が「アニール」です。アニールとは「焼きなます」という意味で,こうしないと工業的に青色LEDは作れないのです。

 LEDではpn接合の半導体を作るために,n型の半導体(膜)とp型の膜とを組み合わせる必要があります。ところが,GaNはそのままではn型の膜にしかなりません。そのため,p型の膜をどうやって作るかが世界中の研究者の目標になっていました。一般の半導体はMg(マグネシウム)を不純物としてドーピング*2するとp型になります。しかし,GaNはMgをドーピングしてもp型にはならず,絶縁体になってしまいます。Mgに付いている水素がp型になることを妨げるからです。

 それをアニール,つまり600℃前後で加熱するとp型に変わること(アニールp型化現象)を世界で初めて発見しました。この温度で熱すると水素が除去され,Mgの活性を取り除いてp型になるのです。

 これを発見したのは,中村氏ではありません。中村氏とともに働いていた若手の研究員が,幸運にも偶然発見したものでした。この研究員がアニールp型化現象を中村氏に報告しましたが,当初中村氏は「そんなはずがない。間違っているだろう」と否定していたくらいです。

 既に青色LEDや,それを基にした白色LEDの市場には世界でざっと50社が参入していますが,アニールの工程なくして商品化している会社は1社もありません。世の中に全く存在しなかった技術を発明したという意味で,アニールp型化現象の発見の方が,既に存在していた平滑なGaNの膜を得ることよりも重要度や貢献度は高いのです。

「報奨」は11年間で6195万円

 もちろん,アニールだけではありません。ほかにも性能向上のための技術や量産のための技術など,当社が青色LEDや白色LEDを商品化するまでには,大勢の技術者や研究者たちの努力がありました。

 もちろん,中村氏の貢献も認めています。青色LEDを研究テーマに選んだのは彼です。公知の技術とはいえ,当社になかったリソースにもかかわらず,文献の助けや外部の研究者の方などに教えてもらいながら,2年ほどで世界のトップ水準の結晶膜を日亜化学工業にもたらしたわけですから。それで将来の量産化に向かう「たたき台」になったのは事実なのです。

 この貢献に対し,当社は中村氏にボーナスや昇給という形で報いてきたつもりです。1989年から11年間の合計で,同世代の一般社員よりも6195万円ほど上乗せして支給しました。45歳で中村氏が退職する際の給与所得は2000万円弱。決して少ない額ではないと思うのです。中村氏は404特許の発明で得た報奨は,特許出願時と成立時の合計で2万円しかないなどと言っているようですが,そんなことは決してありません。

量産に使えないツーフロー装置

 先ほども言いましたが,ツーフローMOCVD装置はあくまでもサファイアの上にGaNの結晶膜を作るためのものであって,これだけでは青色LEDにはなりません。ほかに必要な技術がたくさんあるにもかかわらず,なぜ中村氏の貢献度(配分率)だけがあれほど高く評価されるのかが理解できません。世間も誤解しているようですが,今回の訴訟は青色LED全体に対する特許訴訟ではなく,その一部であるGaNの結晶膜を作る装置の特許に関する訴訟なのです。にもかかわらず,裁判所が算出した増分利益は,青色LED全体,いや,白色LEDまで含めたものになってしまっています。

 しかも,実はツーフローMOCVD装置は効率が低過ぎて量産には使えませんでした。実験室レベルの装置だったのです。そのため,量産工程では別の方法を使ってきました。さらに言えば,ツーフローMOCVD装置に関する特許は,中村氏が特許申請する前に何件か出ています。GaNを成膜するための特許もあったくらいです。

 中村氏は1994年以降,自分で実験はしていません。周囲の共同研究者の研究成果を筆頭者(ファーストオーサー)として対外的に発表してきました。こうした地方の会社から,日本だけでなく海外の学会でも発表してきたのです。だからみんなから「スーパーマン」のように思われてきました。論文の書き方も学会発表の意味も,当社の社員はよく知らなかったのです。「自分の名前が出ているからいいか」という程度でみんな仕事をしていました。

 ここが一番の問題だったのです。地方の会社で中村氏を自由にさせておいたから。中村氏が筆頭者として発表したあれだけの量の論文は,とても中村氏が自分で行った実験だけでは作成できません。

 その結果,世間が中村氏に注目し始め,いつの間にかみんなが「404特許は青色LEDを生み出すための基本特許であって,それは中村氏が1人で発明した」というふうに思い始めたのです。裁判官の方はきちんと調べてくださると思っていたのですが,やはりこの件は技術的に分かる方に評価していただかないと判断は難しいようです。

開発中止命令など出していない

 確かに,技術者の中にはことさらに自分がやったことを強調する人もいます。しかし中村氏の場合,そういうレベルの話ではありません。本当に不可解なのは,あらぬうそを平気でつくことです。例えば,法廷で彼は「社長から青色LEDの開発中止命令が2度出た」と言っています。

 誰かその証拠を見た人がいるのでしょうか。「開発中止命令のメモが回ってきた」と中村氏は言いますが,それを誰が見たのでしょう。裁判官も弁護士も見ていないのです。それはそうでしょう。誰も開発中止命令など出してはいないのですから。

 事実,試験研究費や設備投資,開発要員の推移を見れば分かります(図)。青色LEDに関する研究を始めた1989年から,試験研究費も設備投資費も開発要員も,毎年のように増やしてきました。現実問題として,これほどの人,モノ,カネを投じておいて,開発中止命令など出せるでしょうか。

 東京地裁で裁判官の方は「貧弱な研究環境で個人的能力と独創的な発想により世界的な発明を成し遂げた希有けうな事例」であると判決時に述べました。しかし,これも納得がいきかねます。1986年に当社は10億円を使って,研究棟を新設しました。床面積1万m2,6階建てです。1989~1993年までにガス系統などを含めて4億円はするMOCVD装置を5台も購入しています。地方の企業でこれだけの研究設備をそろえていたのです。一体,これのどこが「貧弱な研究環境」なのでしょうか。

 「貧弱な研究環境」という表現は,中村氏自身が書いた本や記事,インタビューを受けた雑誌などに見られるものです。要は,自分でそう表現しているだけなのです。

気が付いたら「悪者」に

 当社を訴えたことに関して,中村氏は「日亜化学工業が訴えたから反訴した」と語っていますが,これには「裏」があります。2000年9月22日,日亜化学工業は米Cree社から訴えられました。その4カ月以上前の2000年5月1日,中村氏はCree社と雇用契約を結びました。そして,それとは別に中村氏は日亜化学工業を訴えるという契約をCree社との間で結んでいるのです*3。もちろん,中村氏はCree社からインセンティブ(ストックオプション)を受け取ってのことですが。訴訟費用もすべてCree社が負担するという契約でした。それを知った当社は,2000年12月21日,Cree社を反訴するとともに中村氏を訴えたのです。

 ところがその後,当社とCree社は2002年11月14日に和解しました。それで残ったのが,2001年8月23日に中村氏が訴えた日亜化学工業との間の訴訟だということです。

 もちろん,当社はこうした事実を資料として裁判所に提出しました。裁判所で真実を訴えさえすれば,私たちは公正な裁定がされると思っていたのです。マスコミを通じて広く世間にコメントを発表するといった発想はなく,裁判とはそういうものだと思っていました。

 中村氏は,当社で青色LEDの開発を提案した本人ということから,世間に対して当社の青色LED関連の発表をする窓口を務めていました。加えて,先述のようにファーストオーサーとして論文を発表してきました。学会に訪れた研究者たちは,その内容が実は日亜化学工業の多くの技術者たちが成し遂げたものではなく,中村氏が1人で実現したものだと思ってきたのです。そうした外部への発言が,彼を「スター」に祭り上げ,いつの間にか世の中は,中村氏が発言したことを鵜呑うのみにするようになってしまったのです。

 ものづくりは日々改善が必要で,3日もさぼればすぐに他社に追いつかれ,追い越されてしまいます。だから,中村氏が何を言おうが,相手にせずにものづくりに力を入れる方を当社は選んできました。その結果,世間からは「日亜はなんてひどい会社なんだ」などと思われてしまいました。このままではこれまで青色LEDや白色LEDの開発に尽力してきた当社の多くの技術者や研究者たちが,あまりにもかわいそうです。

 いったん,イメージが付くとそれをぬぐい去るのは大変かもしれません。でも,これからは世間に対して説明し,理解してもらえるように発言していくつもりです。(聞き手=近岡 裕)

(安住紳一郎)言っているイメージ、わかりますかね?こう、みんな駅の改札で駅員さんに話を聞こうとしていたりとか、払い戻し窓口に並んでいたりとか、掲示板を近くで見ようとか、なにかそういう携帯電話をいじっているような感じの。ちょっとね、こう混乱したというか、ワッといるような中で・・・確実に他の人とは違う動き。なにかこう、しっかりとした意思を持って目的地に最短距離を取ろうとしている人たちがこう、何人かいるんですね。

(中澤有美子)おおー。

(安住紳一郎)それをちょっと私は、あとは歩いてホテルに向かえばいいだけなので、少し余裕があるんで、ちょっとこうなんか見てると、あれ?この人はなんか混乱してねーぞ?みたいな。違う動きしてるぞ?みたいな。それでそれがね、1人とかだと友達を迎えに行くのかな?とか思うんですが。確実に何人か、小さい水の流れがですね、同じ方向に向かってちょっと急ぎ気味で最短距離を取ろうとしてるんですよ。

(中澤有美子)なんだろう?

(安住紳一郎)なんだろう?と思いますよね。ちょっとドキドキしますよね。ええっ!?なんだ!?と思って。みなさん、わかりますか?この人たちはJR京都駅で、混乱している中でなにかそれぞれの、共通の目的をなにか見つけて、しっかりした意思で最短距離を取って早足でパーッと向かっているんですよね。わかりますかね?私、まったくわからなかったんですけど。この人たちは、タイムライン防災の本質をいち早く見極めた現代人なんです!

(中澤有美子)ええっ?

(安住紳一郎)この人たちは!ねえ。JRの京都駅、行った方はお分かりだと思いますけど、烏丸中央口のちょうど向いっていうか、ちょっと斜向かいに高級百貨店 京都伊勢丹があるんですよね。伊勢丹の京都店なんですけど。これ、JRがちょっと1枚かんでいるんですけども。その小さな水の流れ、人の流れ。

(中澤有美子)意思を持った。

(安住紳一郎)意思を持った。迷うことなく確実に、細いながらも京都伊勢丹の入り口にスルスルスルスル入っていくのね。

(中澤有美子)ええっ?なんでなんで?

(安住紳一郎)こんなに混乱しているのに。買い物するようなタイミングじゃないのに。なんだ!?と思って。なんか京都伊勢丹の裏口からなんか抜け道があるのかな?なんてね。そんな感じでちょっと混乱している時とかコンサート会場の入り口とかで、なんかスルスルスルスル・・・

(中澤有美子)知ってる。なんか知ってる。

(安住紳一郎)なんか知ってる人たちがスルスル行くとちょっと『はっ?はっ?』と思うよね。

(中澤有美子)そうですね。焦りにも似た気持ちが。

(安住紳一郎)なんだ?と思って。で、当然私、暇ですから。ついて行っちゃうね(笑)。

(中澤有美子)(笑)。よかったよかった。

(安住紳一郎)なんだ?なんだ?っつって。ちょっとすいません、ちょっとすいません、なんてね。前の人を見失ってはなるまいって。細いから。で、ついて行ったらやっぱり、京都伊勢丹の入り口にスーッと入っていくわけね。で、その小さな水の流れは低い方へ流れていって、B1、B2、地下2階へとエスカレーターでズンズン下がっていくの。

(中澤有美子)なんだろうー?

(安住紳一郎)もうここまで来たらおわかりの方、いらっしゃいますよね。私は地下2階にたどり着いて、もう『あっ!?』と声が出てしまいましたね。全て合点がいきました。『うわーっ!』と思いました。ええ。タイムライン防災、交通機関が率先して判断をすると社会は否応なしにそれに追随するっていう防災システムですからね。その日、京都伊勢丹はJR西日本の鉄道が4時に全て電車を止めるので、従業員が帰れなくなるので、閉店時間を繰り上げて。だいたいあそこ、いつも午後8時ぐらいまでやっているんですが。閉店時間を繰り上げて、午後1時だか午後2時に閉店を急遽決めたんです。

(中澤有美子)そっか!

(安住紳一郎)百貨店の閉店時間が午後1時、午後2時って信じられます?信じられないですよね?ほぼ開店してすぐ閉店しますからね。

(中澤有美子)(笑)。11時ごろ開きますからね。

(安住紳一郎)そうなると、地下1階、地下2階はどうなるんですか?みなさん。その日のうちに売り切ってしまいたいお弁当、惣菜類がことごとく、開店して間もなくすぐ、タイムセールっていう!

(中澤有美子)いやーっ!!そうだ・・・

(安住紳一郎)だいたいは普通、午後8時閉店だったら7時ぐらいに売れ残りの商品を今日中に売っちゃおうということで安くなって、それを狙う買い物上手がいますけれども。タイムセールっていうのはそういうもんですよね?いきなりだってまだね、開店して間もなくでタイムセール。そんな商売ないだろ?って思うんですけれども。今回は開店してすぐのタイムセール。

(中澤有美子)うわー・・・

(安住紳一郎)しかも!しかもですよ、京都伊勢丹ですからね。地下2階はですよ、京都伊勢丹ですから。憧れの京都老舗料亭オンパレードですからね。テナントは。下鴨茶寮とか泉仙とか、もう4千円から5千円するような、そういうお弁当がザックザクですからね。

(中澤有美子)ええーっ!?へー!

(安住紳一郎)本物の木の箱に入ったようなお弁当がありますからね。

(中澤有美子)ああ、そうなんですか!見たことない。

(安住紳一郎)で、陳列棚が空き空きのタイムセールじゃありませんからね。陳列棚、手付かずでのタイムセールですから!

(中澤有美子)ぎっしりですよね(笑)。

(安住紳一郎)まだだって、ランチタイム迎えてないんですから。

(中澤有美子)本当ですよね(笑)。満たしたところのでの、ですよね。

(安住紳一郎)ええーっ!?こんなことがあるのかな!?っていう。そして当然、閉店時間がもう間もなくですから。もう、投げ売り状態。最初ね、半額っていうポスターが出てたんですけどね、もう15分も粘っていると、80%オフですよ、奥様!

(中澤有美子)あらやだー!(笑)。

(安住紳一郎)もう、どうですか?このキラッキラしたタイムセール。

(中澤有美子)キラキラしてますよね(爆笑)。

(安住紳一郎)ちょっと不謹慎って言われるかもしれませんけど。これ、ちょっと想像してみてくださいよ。京都伊勢丹の地下2階、老舗の料亭わんさわんさで。キレイに並べられている陳列棚、ことごとくタイムセール!しかも、お客さんさほどいませんからね。ええーっ!?みたいな。
女は決別を志向して口論する 男は継続を前提して口論する
「主人公が負けると興醒めする」って層は非常に多いらしい。その後「努力して再戦し勝利する」みたいなのは「物語の中でまで努力する姿なんて見たくない」って子が多いんだとか。そりゃスポコンも廃れるわ(‘A`)